コウモリを食べるとコロナウイルスが発生しますか?


答え 1:

新しい、急速に広がるウイルスのニュースがラウンドを開始すると、2つのことが起こります。公開パニックが発生し、誤報が増殖し始めます。そして、新しい武漢コロナウイルスが最近両方に火をつけました。

2019年12月、中国中部の湖北省の都市である武漢で、現在2019-Novと呼ばれている新しいコロナウイルスの発生が検出されました。 現在、少なくとも362人が死亡し、17,300人以上がこのウイルスに感染しています。最新の情報によると、世界中の少なくとも23か国で検出されています。

ニューヨークタイムズ

。 米国では現在、人から人への感染を介した1件を含む、2019-nCoVの6件の確定症例があります。

世界中の、そして正直なところ、世界全体の保健当局者は、新しい武漢コロナウイルスが何であるかを正確に把握しようとしていますが(どこから始まったのですか?どのように伝染しましたか?特に、誰も助けていないことは確かです。ある人が「バットスープ」と呼んでいるものを食べている一人の女性に何らかの原因があるという主張。 (真剣に-Googleトレンドの「バットスープ」の検索は最近急増しました)。

関連:米国で確認されたコロナウイルス—知っておくべきすべてがここにあります

「バットスープ」の主張はどこから来たのですか?

しかし、ここにあるのは

外交政策

:問題のビデオは、武漢や中国では一般的に撮影されていなかったと伝えられています。ビデオの女性は、報道機関がWang Mengyunと特定し、島のパラオで料理を食べていたオンライン旅行番組のホストです西太平洋に位置する国。

このビデオは、武漢でコロナウイルスが発生するかなり前の2016年にも撮影されたと伝えられています。 Megynはまた、この映像について謝罪したと伝えられています。 「ごめんなさい。コウモリを食べるべきではなかった」と彼女は言った。

サウスチャイナモーニングポスト

。 「[I]撮影中、そのようなウイルスが存在することを知りませんでした」と彼女は続けた。 「私は最近それを実現しました。」

関連:知っておくべきコロナウイルスの3つの症状と、ウイルスを防ぐ方法

それでは、コロナウイルスはどこから発生したのでしょうか?

コロナウイルスは一般に、ラクダ、ウシ、ネコ、コウモリなどの多くの異なる種の動物に影響を与える可能性のあるウイルスの大きなファミリーであり、疾病管理予防センター(CDC)によると。 まれに、これらのウイルスは人獣共通感染症でもあります。つまり、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器系(SARS)のように、ヒトと動物の間を通過することができます。

CDCによると、当初、この新しいコロナウイルスは大規模な魚介類やウェットマーケットで始まったと考えられており、動物から人への拡散が示唆されました。 しかし、このウイルスと診断された多くの人々は、湿った市場にさらされていなかったと伝えられており、ウイルスの人から人への拡散も起こっていることを示しています。 しかし、新規コロナウイルスが市場に出回っている感染した動物から始まった可能性はまだあります。そして、ひとたび感染すると、人から人への感染が続きます。

この理論は、新しいコロナウイルスが湿った市場で始まったというものであり、

Journal of Medical Virology

。 この記事について、研究者は2019-nCoVの遺伝コードを研究し、それが2つのSARS様コロナウイルスサンプルと最も密接に関連していることを発見し、それもコウモリの起源を持っている可能性があることを示唆しました。 しかし、研究者がさらに詳しく調べたところ、2019-nCoVのタンパク質コードがヘビで使用されているものに最も似ていることがわかりました。

可能な推論、研究論文とからの記事によると

会話

、CNN経由:ヘビはしばしば野生のコウモリを狩ります。ヘビは武漢のシーフードマーケットでも販売されていたため、新規コロナウイルスは、流行の開始時にコウモリからヘビに飛びついた可能性があります。

それでも、その理論に関する研究をさらに行う必要があります。武漢のシーフード市場が最近消毒され、閉鎖された今、これは特に困難です。

全体として、新規コロナウイルスの起源はまだいっぱいです

what-ifs

そして

多分

しかし、ほとんどのレポートによると、コウモリ(およびおそらくヘビ)が2019-nCoVの動物運搬人として非難される可能性が最も高いとされています。 。


答え 2:

ウイルス、コロナウイルス、またはその他のウイルスを「引き起こす」ものは何もありません。 私はあなたが尋ねることを意図していたと思う:

「食べることは、コロナウイルス感染のリスクを高めるのですか?」

コウモリ(少なくとも3種)は、コロナウイルスの近くに長い間住んでいるという血清学的証拠を持っていることがわかっています。 私たちはすでに、SARS CoVが広州のコウモリの貯水池(ローストしたパームジャコウを食べた人に届く)からのものであることをすでに知っています。 MERS CoVもコウモリから来ましたが、おそらく人間が扱うラクダを経由したか、中東でラクダの肉と牛乳が食べられていました。

2019-CoronaVirusのルートが正確に何であったか、どの種がそれを人間と接触させたのか、現時点ではわかりません。 必ずしもコウモリを「食べる」必要はありませんでしたが、代わりに、simply歯動物、ヘビ、またはコウモリを食べたり接触した他の動物と単に接触するようになりました。


答え 3:

コウモリや他のエキゾチックな動物の消費ではなく、動物にウイルスを与えるのはそれらに比較的近い無害であり、そうでなければ比較的無害であり、変異して種を越えて人間に飛びつく機会です。 私たちの「伝統的な」病気の多くは同じコースを取りました。 水Chickenはもともと鶏から、豚からはしか、猿からエボラ出血熱が来ました。 これが、ヨーロッパ人が新しい世界に到着したときにネイティブアメリカンのスワス全体が一掃された理由です。 彼らには牧畜の伝統がなかったため、これらの病気に対する免疫は発達していませんでした。


答え 4:

それは1つの理論ですが、証拠は状況に左右されます。 COVID-19は、既知のコウモリウイルスと遺伝的に類似しており、武漢市場では、さまざまな型破りな動物を食料として販売することが知られていました。

考えは次のとおりです。コロナウイルスに感染した1つまたは複数のコウモリが武漢で販売されていました。 1人または複数の人々がこれらのコウモリの血を食べたか、さもなければ接触し、ウイルスが体内に入りました。 これらのコロナウイルスの少なくとも一部には、コウモリ細胞だけでなくヒト細胞にも感染する変異があったため、これらの人々は新しい人獣共通ウイルス(動物由来)ウイルスの「インキュベーター」になりました。

それらの人々は、知らずに咳などで他の人に感染しました。

この物語が原因ではないことに注意してください

創世記

ウイルスの-人間への拡散のみ。 ウイルスが人間に感染することを可能にした突然変異は、純粋な偶然だったでしょう。


答え 5:

彼らが武漢シーフード市場で販売するために動物の綿棒コレクションを行い、それらのウイルスRNAを配列決定した場合、元のウイルスがコウモリの中にあり、ヒトに飛びついて変異したというかなり強いケースがあります。 RNAシーケンスの変化のチェーンを見て、起源を見つけます。

ウイルスは米国から来たという主張がいくつかあり、ウイルス配列の変異を一連の一連のイベントとして見ています

中国のコロナウイルス:衝撃的なアップデート。 ウイルスは米国で発生しましたか? -グローバルリサーチ

このウェブサイトは衝撃的な反アメリカ人なので、アメリカを原作として支持する前に、他の独立した証拠や主張を待っています。