韓国でコロナウイルスの検査を受けるために費用がかかりますか?


答え 1:

韓国政府の方針によると、診断キットを使用してコロナウイルス感染の検査を受けたい場合は、₩ 160,000(約130米ドル)を支払う必要があります。 しかし、無料診断には例外的なケースがあります:1)中国から韓国に戻ってから14日以内に発熱、咳または呼吸器の問題を示す、2)感染者との物理的な接触(確認または疑い)から14日以内に発熱、咳または呼吸器の問題を示す韓国の人々、3)医師からコロナウイルスに感染する可能性が最も高いとの意見書を入手してください。米国の場合、コロナウイルスの検査を受けたい人は、3,270ドル(彼または彼女は医療保険加入者です)。 したがって、韓国のコストは米国の10分の1未満です。 また、日本のコストは韓国のコストよりもはるかに高くなります。 それが、コロナウイルスの検査率に大きな違いが韓国、日本、米国に存在する主な理由です。 たとえば、最近の3か国の統計によると、韓国でのコロナウイルスの検査率は0.1367%、日本では0.0016%、米国では0.0001%です。 そのため、3か国で検査されている人々の感染率も大きな違いを示しています。 韓国:2.8502%(70、940人から)、日本:9.0379%(2,058人から)、米国:3.1460%(445人から)。 日本と米国が韓国の事例に従った場合、日本と米国のコロナウイルスに実際に感染した人の数は幾何学的に増加します。 日本と米国が韓国のように積極的にテストして、国民のコロナウイルス感染をチェックしなかったのはなぜですか? 日本は今年7月に夏季オリンピックを開催する予定です。 彼らは、経済復興のためのこの貴重な機会を台無しにしたくありません。 そのため、日本政府は、気候が暖かくなり、p状が自然に消えたり消えたりするまで、コロナウイルスに感染した人々の問題を解決することに消極的だったようです。 天気が15℃以上に上昇した場合、このウイルスは不活性化できることが医学的に証明されています。 米国の場合はほとんど変わりません。 米国政府は中国からのすべてのフライトをブロックし、国家レベルでウイルスに注意を喚起しましたが、米国の人々はまだ苦境の深刻さを感じておらず、発熱または診断の場合に診断費用を支払う余裕はありません咳または他の呼吸器症候群。


答え 2:

ちょうど入ったら、はい。 もしあなたが大no出身だったら、いや…世界は彼らが流行地域で行ってきたすべてのテストに対して韓国を称賛しました。 LAでは、いくつかのレポートによると、テストを受けるのに5000ドルかかりますが、韓国では100ドルだと思います。

多くの人が自分で検査を受けており、他の国には資源がないか、中国が最初の流行でしたように彼らの症例についてうそをつきます。 ここPa州のある紳士は、中国でビジネスをしており、検査を受け、ウイルスに陽性でした。 国民保健部。 彼はすべての旅行を追跡し、消毒のために行った店を閉鎖しました。