武漢コロナウイルスは中国の生物兵器研究所から発生したのですか? どのような証拠が存在しますか?


答え 1:

中国政府を擁護することで私は嫌悪感を抱くようになりますが、それは非常にありそうもないことです。

もしそうなら、中国人は生物兵器の設計に悲惨だからだと言います。

少し考えてみてください。 敵に病気を感じさせるのに14日かかる生物兵器は何といいでしょうか、それでも彼らの2%しか殺せません-そして、そもそも軍隊に決していられないほど慢性的に健康が悪い男性だけです?


答え 2:

いいえ。インフルエンザや他のコロナウイルスと同様に、この特定のウイルスは中国の野生のコウモリで発生しました。 食物の販売のために捕獲されたコウモリ、感染したブタ、人間に感染したブタ。

このウイルスは特に進化の影響を受けやすく、現在の毒性状態への進化に成功しています。

中国政府の研究所がそれを兵器化することを検討するのは疑いありません。これは軍隊が行うことです。 彼らはそれでも彼らの住民に感染しません。

特に文明国になるのに苦労している国では、偽のミームを放送することは無責任です(ただし、1984年のシナリオでは!)


答え 3:

何でも可能ですし、知らないかもしれません。 しかし、武漢市に中国科学院のウイルス学研究所を置くことは、確かに想像力を刺激します。 これは、思慮深い人が研究室を運営する場合、ウイルスが自分の人種に感染する場合、または自分の支配的な人種を標的としない株を開発する場合、常に何らかの解毒剤を用意しておくということです。 信じがたいシナリオです。 可能性のある教訓は、一部の中国人は、珍味として野生のエキゾチックなものを食べる習慣を本当に蹴るべきだということです。


答え 4:

これが真実である可能性はありません。 私の記憶は、1960年代に米軍のために行われた生物兵器の費用便益分析でした。 この主題に関する未分類の文献が多数あります。 彼らが働いた場合、生物兵器は核兵器や従来の兵器よりも多くの利点があります。 財産の破壊はありません。

私が1972年に覚えているように、ほとんどの国は生物兵器の禁止に関するジュネーブ条約に署名しました。 生物兵器が可能であれば、これは署名されていたと思いますか。

実際には、それらが機能しないという証拠があります。 スベルドロフスクの災害は、ソビエトの施設からの偶発的な解放の結果でした。 60〜70人が実際に62人が死亡した可能性があります。 暴露された人口は確かに10万人、おそらく100万人でした。

陰謀の理論家やコンピューターゲームのビルダーが生物兵器を生産することや、実際にゾンビの黙示録は最愛の選択肢ではありません。

例として、ボツリヌス毒素はこの役割で考慮されています。 均等に分散した1グラムまたは最大50グラム(1人あたりの正確な用量についての質問があります)は、約10億人にとって致命的です。 配達の問題は扱いにくいことが判明しました。 比較のために、シアン化カリウムは1人あたり約1グラム必要です。


答え 5:

私は直接答えません、私はあなたが決定することができるそれらを読んだ後、私は事実をほとんど持っていません

仮に-

  • 人口の大部分を根絶することで中国共産党を助けるなら?
  • これは武漢製ウイルスの公開テストであり、死者は中国がこのウイルスをより鮮明に実験するのを助けるボランティアです。
  • このウイルス、あなたの体温、友人の訪問、ID、顔、心拍、心理学であなたの動きはどこでも追跡され、すべてのものは監視下にあり、中国共産党にとってより包括的な公共チェックを続ける大きな機会です。物事-公共の損失とは何ですか-死に直面している不快感-習近平の損失とは-ZeroCaution、もう一度考えてください!

答え 6:

スズ箔の帽子を脱ぎます。

証拠は存在せず、このアウトブレイクを引き起こしたことが判明した人は誰でも、控訴する権利なしに中国で自動死刑判決を受けます。

そして、どんな種類の生物兵器が非常に弱くて軽度で、人口の1%未満を殺すのか-出来事の理由を評価する際には論理を使わなければなりません。


答え 7:

南中国工科大学の生物学教授であるボタオ(数年前に武漢で働いていた)が、地元のCDCが運営する華南水産市場近くのP2バイオラボでウイルスが発生したという詳細なCLUESを提供する論文がありました。 研究室では、いくつかの動物に関する実験を実施しました。 コウモリ、医療用。

これまでのところ、ウイルスの起源を武漢の研究室に関連付ける詳細な手がかりはありません。 そしてもちろん、P2ラボは「生物戦ラボ」ではありません。

証拠がないため、「能力」、「確率」、「容疑者」についてのゴシップが可能です。 それは陰謀論と呼ばれます-あなたの情報源や他のソーシャルメディアから。 良い魅力的な物語、そして彼らにforえるかどうかは読者次第です。