ロシアはコロナウイルスの大流行を含むことができますか?


答え 1:

ロシアの寄生虫学研究所および伝染病研究所の所長によると、アレクサンドル・ルカシェフは亡くなり、

ロシアは2020年秋にコロナウイルスの大流行の第2波に見舞われる可能性があり、

レンタ

報告。

現時点では、新しいコロナウイルスによる感染は2件のみでした。

確認済み

ロシアの役人によって。 二人は回復した。

2020年2月20日から、中国国民はロシアに入国できません。 メジャーは

発表された

一時的なものとして。

ロシアはこれまでのところ、COVID-19の感染の発生を回避して幸運でした。 当局は、流行を防ぐために十分な対策を講じていることを国民に保証し続けています。


答え 2:

ロシアは、あらゆる緊急事態に対処するための設備が整っています。実際、

緊急事態省

そして

厚生省

病気の人や危険にさらされている人をすばやく隔離して隔離するのに十分なリソースを備えています。 必要に応じて、警察と軍隊も助けます。 その上、私たちの政治システム(またはプーチン大統領)は、緊急事態になると本当に迅速に対応することができ、弁護士や政治的に正しい馬鹿に止められません。

モスクワはウイルスの恐怖の中で襲撃で中国を標的に

-必要なことを行い、後で謝罪します(多分)。


答え 3:

必要になる可能性は低いです。 コロナウイルスはヨーロッパやインドの人々には影響しません。 例えば、感染したヨーロッパ人やインド人の間で死亡者はいません。 それらは、10日後または2週間後に後遺症なしで回復します。 このウイルスは、中国東部の人々にのみ致命的と思われます。 世界の他の地域では、それはより深刻なインフルエンザのようです。