コロナウイルス(covid-19)は銅または銅合金の表面で生存できますか?


答え 1:

銅を含むさまざまな表面上およびエアロゾルの形でのCOVID-19(SARS-CoV-2)ウイルスの生存を調査した最近の特定の研究がありました。

ヴァン・ドレマレン

等。

(2020)

SARS-CoV-1と比較したHCoV-19(SARS-CoV-2)のエアロゾルおよび表面安定性

以下に要約を示します。

「HCoV-19(SARS-2)は、88,000を超える病気を報告しており、現在の致死率は約2%です。 ここでは、SARS35 CoV-1と比較して、表面上およびエアロゾル内の実行可能なHCoV-19の安定性を調査します。 全体的に、安定性はHCoV-19とSARS-CoV-1の間で非常に似ています。 エアロゾル化の3時間後までに、エアロゾルで実行可能なウイルスを検出できることがわかりました。

銅線で最大4時間

、段ボールで最大24時間、プラスチックとステンレス鋼で最大2〜3日。 HCoV-19およびSARS-CoV-1は、エアロゾルで同様の半減期を示し、中央値の推定値は約2.7時間でした。 両方のウイルスは、銅または厚紙と比較して、ステンレス鋼とポリプロピレンで比較的長い生存率を示します。HCoV-19の推定半減期の中央値は、鋼で約13時間、ポリプロピレンで約16時間です。 私たちの結果は、HCoV-19のエアロゾルとフォミットの伝播がもっともらしいことを示しています。ウイルスはエアロゾル中で数時間、数日まで表面上で生存できるためです。


答え 2:

このような質問には多くのリソースが費やされています。

どこかで、ある薬局では、コロノウイルスを不活性化する環境を見つけるためのテストを行う技術者がいるに違いない。 そのようなスクリーニングは、ウイルスに対する一般的な治療的予防薬として、簡単でも、迅速でも、安価でも、適用可能でもない。