動物は本当に新しいコロナウイルスを広めることができますか?


答え 1:

新しいコロナウイルスがコウモリで始まった可能性があります。 しかし、それは人間にどのように跳ね返ったのでしょうか?

新しい研究は、ウイルスの起源へのより多くの手がかりを提供します。

中国で新し​​いコロナウイルスがspread延する

そして世界中で、科学者は正確なソースを見つけるために急いでいます。 現在、新しい研究により、ウイルスの起源に関するより多くの手がかりが得られ、最も可能性の高い宿主としてコウモリが示されています。

研究者たちは、2019年-nCoVと呼ばれる、ウイルスに感染した中国の9人の患者から得られた新しいコロナウイルスの10個のゲノム配列を分析したと報告されています。

10個のゲノム配列すべてが非常に類似しており、同じ遺伝子配列の99.98%以上を共有していることが明らかになりました。

これは、ウイルスが非常に最近、動物から人間に「ジャンプ」したことを示唆しています。なぜなら、そのジャンプがずっと前に発生した場合、ウイルスは変異し進化する傾向があるため、ウイルス配列はさらに異なっていたからです

「異なる患者からのここで説明した2019-nCoVのシーケンスがほとんど同一であったことは驚くべきことです」と研究の共同主著者であるWeifeng Shiは、山東省の大学における主要な感染症の疫学および疫学の主要研究室の教授でした。山東第一医科大学と「この発見は、2019-nCoVが非常に短い期間内に1つのソースから発生し、比較的迅速に検出されたことを示唆しています。」

種を飛び越えた10の致命的な病気

最近になってヒトに出現したにもかかわらず、このウイルスはすでに約6,000人に感染し、中国で132人の死者を出しました。

世界保健機関によると

。 最初の症例のほとんどは、様々な野生動物が販売されている中国武漢の華南海鮮市場で働いたり、訪れたりした人々で発生しました。

最も密接に関連していることがわかった

ウイルス

コウモリに由来する2つのコロナウイルスでした。 これらのコロナウイルスは両方とも、遺伝配列の88%を2019-nCoVの遺伝子配列と共有していました。

これらの結果に基づいて、2019-nCoVの起源はおそらく

コウモリ

。 しかし、Huananシーフードマーケットではコウモリは販売されていません。これは、まだ特定されていない別の動物が、ウイルスを人間に感染させるための足掛かりとして機能したことを示唆しています。

「別の動物宿主がコウモリとヒトの間の中間宿主として機能しているようです」と、中国疾病対策予防センターの共著者であるGuizhen Wu研究は述べた。

全体として、2019-nCoVの発生は、「再び野生動物に隠されたウイルスの貯蔵庫と、時折人間の集団に溢れる可能性を強調しています」と著者は書いています。

以前の研究が示唆した

ヘビ

、可能な限り華南シーフード市場で販売されました

2019-nCoVのソース

。 しかし、コロナウイルスがヘビに感染する可能性があるかどうかは不明だと言って、一部の専門家はこの研究を批判しています。

  • 地球上で最も致命的な9つのウイルス
  • 27壊滅的な感染症
  • 11呼吸器系に関する驚くべき事実

答え 2:

おそらく、武漢コロナウイルスを意味します。

今では

犬や猫など、私たちが普段近くにいる動物は、武漢コロナウイルスに感染できません。

したがって、武漢ウイルスを広めることはできません。

武漢ウイルスを運ぶことができると思われる唯一の動物は、コウモリといくつかのヘビです-私はどのヘビを知りません。

牛などの動物にのみ存在する他のコロナウイルスもあります。 多くの場所で、牛は実際にこのコロナウイルスの予防接種を受けています。 ウシコロナウイルスは人間に感染することはできません。


答え 3:

インフルエンザや多くのコロナウイルスのような人獣共通感染症は動物で始まりますが、その生物学的機構により、しばしばジャンプすることができます

はい。 実際、SARS-CoV-2は過去20年間に出現した3番目の病原性新規コロナウイルスです。 2003年に発見され、SARS-CoVと名付けられた最初のものは、深刻で非定型的な肺炎であるSARSを引き起こしました。 2番目のMERS-CoVは、10年後に中東で出現し、中東呼吸器症候群(MERS)と呼ばれる同様の呼吸器疾患を引き起こしました。 その同定以来、MERS-CoV感染の2,494例と900人近くの死亡が記録されています。 SARS-CoVの流行は、規模は大きいものの致命的ではないことが判明し、約8,000件の症例と約800人の死者を出しました。

MERS-CoVおよびSARS-CoVは動物に由来するようであり、SARS-CoV-2についても同様です。 これは、それらを人獣共通感染症、人間と他の動物の間を飛び越えることができる病気にします。 MERS-CoVおよびSARS-CoVは、もともとは中間動物(それぞれラクダとジャコウネコ)に広がるコウモリウイルスであり、ヒトはウイルスにさらされました。 SARS-CoV-2配列の遺伝的分析は、その最も近い遺伝的近縁種がコウモリコロナウイルスであるように見えることを示しています。 HCoV-229E、HCoV-NL63、HCoV-OC43、HCoV-HKU1として知られる、人間に風邪を引き起こす4つのコロナウイルスがあり、これらも人獣共通感染症の起源を持っているようです。

出典:インターネット


答え 4:

すべての微生物は、ある種または他の種を選択的に宿主にします。 すべての動物がコロナウイルスをホストしているわけではなく、コウモリ、ヘビ、ラクダなどの動物がいます。 しかし、男性が感染した動物を扱い、次に無害な別の動物を扱う場合、ウイルスは簡単に交差汚染する可能性があります。 それがまさに武漢のシーフード市場で起こったことです。


答え 5:

はい。 それは、ある動物運搬人から別の動物運搬人、この場合は人間の動物への移動です。 それは何年も続けられており、完全に自然です。 気候危機はそのような発生の可能性を悪化させ、強化したので、近い将来、頻度と効力の多くを目撃することになります。


答え 6:

はい! 環境がそのために適切である場合。

例えば、ペストウイルスは通常の経過でラットに生息し、同様にエイズウイルスはアフリカの特定のサルに生息します。 通常の場合、それらは人間に伝わることはありませんが、彼らが環境を助長するとき、彼らは人間に飛びつきます。 人間が感染すると、人間から人間への感染ははるかに速くなります。

人間と動物は非常に密接な相互作用を持っているので、数人のクオランの友人によって明確に述べられているように、ウイルスの拡散は非常に一般的です。

コロナウイルスでは、明らかにこのようなことが起こりました。