コロナウイルスに感染するよりインフルエンザで死ぬ可能性が高いですか?


答え 1:

煙道の死亡率は0.1%未満です。 中国のコロナウイルスは約3.4%、中国以外では約1.5%です。

対照的に、Bird Flueは約30%、Sarsは約2.3%でした。

鳥インフルエンザの非常に高い死亡率(H5N1で60%超、H7N9で約30%)は心配であり、かなり正確です。 感染の臨床徴候のない血清陽性の個体の例は非常に少ない。 ほとんどの場合、ポリシーは、アウトブレイクの周辺の露出した個人(人間と鳥)をテストすることです。 したがって、露出しているがテストされていない人が大勢いる可能性は低いです。

コロナウイルスは、コロナウイルスであるSARSと同様のウイルスでもありました

新しいコロナウイルスは、8週間でSARSが8か月で殺した人の3倍近くの人を殺しました。 2つのアウトブレイクを比較する方法を次に示します。

SARSは2002年11月から2003年7月の間に774人を殺し、8,098人を感染させました。COVID-19として知られる新しい病気は、

ほぼ3倍の人を殺した

8週間で。


答え 2:

コロナウイルスは非常に感染力があります。 治療法やワクチンはありません。 世界中に広がっているのは始まったばかりです。 誰にも免疫がないので、ほぼ全員がそれを得ると仮定されています。 2%の死亡率で、それは米国で6,000,000人以上です。 さらに数百万人が病院でのケアが必要になります。 十分に開いた病院のベッドの近くに場所はありません。 私たちの医療システムはそのために準備されていません。

コロナウイルスは煙道よりも20倍致命的です。そのため、拡散した場合、インフルエンザは比較的良性のように見えます。

迅速に制御されない場合、世紀の最大の医学的危機になります。 すでに広範囲に広がっていることを考えると…。