コロナウイルスの懸念により、リモートで作業できますか?


答え 1:

私は毎日リモートで働いています。 専門的および学術的な会議がキャンセルされる可能性があることを除いて、実際に何も変わっていません。 この恐怖と今後数か月で在宅で働く人々が、米国の企業による在宅勤務の受け入れを促進することを願っています。 私たちは世界の他の地域、特にハイテク分野に大きく遅れをとっています。


答え 2:

いいえ、コロナウイルス(COVID-19)が発生する前に自宅で仕事をすることを許可されました。

私の雇用主は、リベラルな在宅勤務(WFH)ポリシーを採用しています。 ポリシーは基本的に、「いつか自宅で仕事をしたいのなら、大丈夫」です。 私は通常オフィスM-Thに来ますが、テクニカルリードは通常週に2日しか来ません。 金曜日にはほとんど誰も参加しません。 その日はWFH全員(必要に応じて参加できます)。

私はほとんどでした仕事をしました

完全に

WFH、しかし、私はそれが簡単な業界で働いています。 私はそれがより一般的になっていることをうれしく思いますが、私のWFHの状況はCOVID-19により変化していません。

私たちのオフィスの誰かがそれをやってくると変わるかもしれません。 または私たちの誰か

状態

(コロラド)。


答え 3:

A2A。

私はオンライン教育者ですが、混合コースでの学内セッションの学期に数回キャンパスに現れなければなりません。 私が教えている科目(STEM)の性質上、学生の大半は中国人とインド人です。

コロナウイルスのパニックが2月上旬に始まったとき、私はキャンパス内セッションを行うことになっており、それについて少し心配していました。 これは中国のコホートからのメールによってカタログ化され、武漢から戻ってきたばかりのクラスの生徒がいることを知っており(それが真実かどうかを確認するためにそのデータにアクセスできません)、それを言い訳として使用しますキャンパス内のセッションに参加しないでください。 私は彼らの懸念を政権に伝えました、そして、単純に言えば、応答は「キャンパスに既知のケースがないので、誰もが参加するでしょう」でした。 彼らはまた、生徒のクラスをランダムに保証し、インストラクターが出席していることを確認していました。 私のクラスの半分は現れず、四分の一はマスクに現れました。


答え 4:

いいえ、インドのIT企業のほとんどは、この深刻なCOVID-19の発生でも自宅での仕事を許可していません。 これらの民間企業がいつ責任を理解し、COVID-19の発生との戦いに参加するかはわかりません。 インド政府でさえ、可能な限り自宅で仕事を許可すべきだと発表しましたが、それでも許可されていません。 毎日750万人が地元のムンバイを旅行しています。たとえ地元の列車の一人がコロナウイルス検査で陽性を見つけたとしても、インドのコロナウイルスの症例は中国とイタリアのコロナの症例を簡単に上回ります。 州政府は、学校、劇場、モールを閉鎖して仕事をしています。 人々がコロナウイルスに関連する危険を理解するのを助けるメディアの精査。 私たち個人でさえ、COVID-19と戦うための行動をとっていますが、これらの民間企業は自分たちの仕事だけを望んでいます。 彼らは、世界中の18万1千人に影響を及ぼしているこの危険なウイルスのリスクを理解していません。 「私たちが責任ある市民であっても、これらの民間企業がすぐに実現することを願っています。私たちは社会的距離を維持することでこの致命的なウイルスと戦う権利を持っています。」


答え 5:

幸いなことに、私はほぼ5年前にTimeCampに雇われてからリモートで働いてきました。 しかし、すべての従業員が完全にリモートで作業できるようにすることを決めた会社のリーダーを誇りに思っています。 チームの最も重要な部分であるIT部門(私たちはソフトウェア会社)でさえ、現在は自宅で働いています。

しました

私たちの経験を共有しました

オフィスからリモートワークに切り替えることで、他の企業が行動を起こすのに役立つことを願っています。