日本と韓国の政府が現在行っている対策は、コロナウイルスのvirus延を抑えるのに十分ですか? 新しいコロナウイルスのspread延に対処するために、より厳しい措置を講じるべきですか?


答え 1:

日本の人口密度を考えると、ウイルスの拡散は著しく遅く、最も発生率が低いのは北海道の人口の少ない島です。 日本人は、広がりを健康問題として優先するのではなく、疫学的調査としてアプローチしました。 優先事項は、病気、それがどのように広がるか、そして個人への影響に重要な要因を理解することでした。 その結果、他の影響を受ける国と比較して、人口一人当たりに実施されたテストの数が少なくなりました。これは、広がりが報告されていないことを意味する可能性があります。 2月中旬以降、検査は公的健康保険でカバーされており、増加するはずですが、死亡率は、検査率が問題となっている米国を除き、同様の数の確定症例を持つ他の国とはずれません。 一方、韓国では集団検診が行われますが、検査されたすべての陽性が深刻な危険にさらされるわけではないため、下のチャートでは低い位置にあります。 これは明らかに1週間以上前であり、状況は大きく変化していますが、日本とフランスが1月23日と24日に最初の症例を記録し、現在までの死亡者数はそれぞれ22と91であることに注意してください。 明確にするために、日本での死亡には、死後の感染が見つかった人が含まれています。 韓国には同時に最初の症例があり、大量検査にもかかわらず残念ながら75人が死亡しました。

したがって、少なくとも現在のところ、日本でのアプローチは成功しているように思われます。 韓国では、感染率は3月3日頃にピークに達し、日本人は4月にピークになると予測しています。

学校の閉鎖などの措置が実施されていましたが、政府の対応に厳しいものや厳しいものは何もありませんでした。 誰も言うことができますが、私は日本でフェイスマスクを広く日常的に使用していることは、おそらく政府の行動よりも影響を制限するのに役立っていると思います。


答え 2:

日本では絶対に違います。 彼らは人をテストするのではなく、極端な場合をテストするだけです。 テストは途方もなく高価で、テストに積極的な国では約18,000円で、テストは約50ユーロです。 一部のアフリカ諸国でも、テストに低価格で請求しています。 それに加えて、彼らは数日前に日本の国民健康保険でカバーされたテストを受けました。 健康保険の補償が差し引かれた後にのみコストが50ユーロに達する可能性があることを意味します。 そして、テストするのはまだ非常に複雑です。 検査を受けられるかどうかを医師に尋ねなければなりません(これは、感染者がウイルスを拡散する可能性があるためです)、医師は、その人がどこかにある特別なセンターに行くことができるかどうかを決定しますテスト済み。 その結果、テストを受ける傾向がある人は少なくなります。 米国でさえ、彼らは健康保険に加入しているすべての人にテストを無料で提供し、最初はテストのために3000K +ドルを請求しました!

実際の検査を行っているすべての国では、インフルエンザの症状がほとんどないか、感染のリスクが高い(感染者と接触している)人は家にいるように求められ、特別な救急車に迎えられて特別な部門に運ばれます。病院で。 その他の場合は、厳密なプロトコルに従ってどこでもテストを実行し、ラボや自宅、さらには国によってはメールで送信される可能性のある汚染を回避できます。

その結果、高齢者の間では、日本のインフルエンザではなく、Covid 19で死亡した人の数はわかりません。 実際に感染している人の数はわかりません。 そして、彼らが示している低い数字でいつものように、日本人は古い神話を誇って広めています

日本が低い感染数を示している場合、それは日本人が完璧な衛生状態で非常に清潔だからです。

まるでプロパガンダの時のように。 洗わずに自分のルーチンを見るだけ

手、彼らのダイヤモンドプリンセスの状況の管理の失敗、そしてデータドクターの古い習慣や、古き良きプロパガンダに役立たないときにそれらを開示しないというのは、私はそうは思わない。

人々は正当な理由もなくテストを拒否されています

日本の病院はCOVID-19の疑いのある多くの人の検査を拒否しています| ジャパンタイムズ

日本のコロナウイルス感染率は「氷山の一角」になる可能性がある

あなたが私に尋ねると、日本での状況の扱い方は米国よりも悪いです。 両方が時限爆弾です。 日本の恐怖が経済と東京オリンピックである場合、彼らがしていることは、イベントを危険にさらすための最良の方法です。

かなりひどい打撃を受けたが、韓国は流行との戦いで驚くべき仕事をし、私たちが話すようにそれを制御下に置いた。 中国に次ぐ国だと思います。