コロナウイルスが原因で、航空会社は世界中で営業するリスクがありますか?


答え 1:

一般的な問題は、一部の乗客が故意または無意識のうちに暴露されたにもかかわらず、1回のフライトで飛行機に乗り込んだ可能性があることです。 それは、他の乗客を暴露するリスクだけでなく、定期的にキャビン内を移動するキャビンクルーにとっても、暴露のリスクを増加させ、複数のフライトにさらされるリスクがあります。

その後、乗組員は2週間以上病気の予約を開始します。

しかし、もっと重要なことに、特に既知のホットスポット、中国、イランなどを出入りする乗客のトラフィックが大幅に減少し、一部の便は損益分岐点以下の収入で飛んでいます。 それは最終結果を傷つけ、通常に戻る前に数週間続きます。 一部の航空会社にとっては、MAXが接地されているよりも打撃が大きい可能性があります。


答え 2:

COVIN-19ウイルスの世界的な拡散により、世界中の航空会社はより大きなリスクにさらされています。 多くの人々は、輸送手段として目的地まで毎日飛行機で目的地に旅行しています。 飛行機の搭乗を許可される前に、ウイルスの症状を示すフライトに搭乗している乗客はスクリーニングされますが、飛行機の全員に感染する可能性のある症状を示さないのは一人である可能性があります。 すべての乗客は互いに近接しています。 知らず知らずのうちにウイルスに感染するより良い場所を考えてください。 今、あなたはウイルスの拡散のキャリアになります。 イタリアはヨーロッパのウイルスの震源地となっています。 フェイスマスクは、ウイルスの感染を防ぐのに十分な保護ではありません。 彼らは無保護よりも優れている多孔質の布で作られています。 全世界は、中国の武漢を起源とするCOVIN-19ウイルス株の危険にさらされています。 SARS -CoV-2と呼ばれるコロナウイルスの新しい株が登場しました。 それは同様に致命的で広がりもあります。 この世界は、ウイルスのspread延を食い止めようとする途方もない規模の課題に直面しています。


答え 3:

航空エコノミストやロジスティクスの専門家ではありません。想像力をかきたてているので、ここで暗闇の中で突き刺すだけです。

フライングは技術的には最も安全な大量輸送手段ですが、感染した人が行く場所ではウイルスも一緒に移動し、最大400人以上の人がいる密閉された金属製のチューブに1人の感染者が立ち往生しますウィルス氏が最悪の結果を出すまでに12時間かかります。

航空会社がスケジュールと経路を計画する方法の性質上、ある航空機はある国のある国に、ある日は別の大陸に、別の国と別の大陸にあることができます。

ウイルスがさらに遠くに広がり、感染数が増加するにつれて、ウイルスの新しい集中が集中している地域への、またはそこからのルートの停止がこれ以上ない場合、私は非常に驚かされると思います特定されている。

人々は飛び、母国以外の別の国に旅行したくないことでパニックに陥り、世界中の乗客数が大幅に減少すると思います。

最悪のシナリオは、小規模の航空会社が路肩に落ち、最大かつ最も財政的に安定したものだけが生き残ることですが、それでもルート、フライト、人員レベルの大幅な削減、そしておそらく非常に大きな金銭的損失によってのみです。

もちろん、私は完全に間違っている可能性があり、真剣に私がそうであることを願っています!...しかし、物事が進行している方法で、その誰もが推測します!

記録のために、来週、イムはロンドン・ヒースロー空港からミュンヘンを経由してルフトハンザとサンエクスプレスを経由してアンカラに飛んでいます。 私はまだ行きます!!